ふるさと納税大宝庫 > 株(特定口座)の税額控除について

ふるさと納税 株(特定口座)

メニュー
特産品リスト
その他リスト
過去管理人が取得した特産品
リンク

株(特定口座)の税額控除について
    特定口座でも確定申告することにより、ふるさと納税の恩恵を受けることができます。

    控除の最大額の計算式は、以下の通りです。
    a.所得税: 寄附金−2千円)を所得控除 (所得控除額×所得税率(0〜40%(※))が軽減)
    b.住民税(基本分):(寄附金−2千円)×10%を税額控除
    c.住民税(特例分): (寄附金−2千円)×(100%−10%(基本分)−所得税率(0〜40%(※)))
    a,bにより控除できなかった分を、cにより全額控除(所得割額の1割を限度)

    株は住民税が利益の5%ですので、
    さらにその1割がc.住民税(特例分)の上限に加算されます。
    おおよそ利益の0.5%と考えればいいのですが、
    総合課税の所得税率によって若干変わってきますので、
    計算して算出した方がよいです。

    所得税率が上がるほど、c.住民税(特例分)の比率が下がりますので、
    所得税率が高い人は有利になります。

    管理人は所得税率20%ですが、
    所得割額の1割が7.5万円程度とすると、
    10.5万までは2000円負担と単純に「住民税の1割」と考えるよりも随分上限が高いことが分かりました。