ふるさと納税大宝庫 > 税額控除について

税額控除について

メニュー
特産品リスト
その他リスト
過去管理人が取得した特産品
リンク

税額控除の要点
  • 寄付金控除で戻ってくる税金には上限がある
  • 2,000円の自己負担が発生
  • 控除するには確定申告が必要

税額控除の計算式
    (1)所得税=(ふるさと納税 年間合計金額(*1) − 2000円)× 所得税の限界税率(*2)
    (2)住民税(基本控除)=(ふるさと納税 年間合計金額(*1) − 2000円)×10%
    (3)住民税(特例控除)(*3) =(ふるさと納税 年間合計金額(*1) − 2000円)×(90%-所得税の限界税率 (*2) )

    (*1)所得税の控除対象限度額は総所得金額等の40%、個人住民税の控除対象限度額は総所得金額等の30%。
    (*2)所得税の限界税率は、「課税される所得金額」で決まる金額で、サラリーマンであれば、「給与所得控除後の金額」から「所得控除の額の合計額」を引いた金額。
    (*3)住民税所得割額の20%が上限

    サラリーマンの方は、5月〜6月頃に会社から配られる紙に書いてある、「市町村民税 所得割額」と「都道府県民税 所得割額」の合計金額の20%が最大控除、と考えて下さい。
    (その年の住民税とは若干差異がありますが、安定的な収入であれば参考にできます)

    サラリーマンの方は税金控除額シミュレーターで計算できます。

税額控除の例

    新入社員に多い独身 年収300万台の人は、28,000〜43,000円までの納税であれば、
    自己負担2,000円で済みます。